大学生が包茎手術で後悔しないためのポイント

医師のプロフィール写真が明確なクリニックを選ぼう

大学生になって自身のペニスが包茎であることに悩んでいる男性は少なくないため、自信が持てるペニスを手に入れる方法として包茎手術を考えている方は増えています。
しかし包茎手術を行うクリニックの数は多く、中には信用性の低いクリニックも多く仕上がりに後悔してしまったという声も多いため、後悔しないためのクリニック選びとしてチェックすべきポイントが、『医師のプロフィール写真が明確なクリニック』かどうかという点です。

近年は包茎手術を行うクリニックの値下げ競争も激しさをましており、帳尻を合わせるために人件費を抑えようと技術力の低いアルバイトの医師に包茎手術の執刀を任せたり、ホームページに医師の写真やプロフィールが明記していない場所もでてきています。
こういった信用性の低いクリニックではトラブルも起こりやすいため、包茎手術を専門にしており、執刀をする医師の顔写真やプロフィールが明確な場所は安心して任せることが出来て安心です。

包茎手術の痛みやダウンタイムの説明をきちんとしてくれるか

泌尿器科クリニックの中には、包茎手術の痛みがなく無痛といった言葉をよく見かけます。
実際は手術中は局所麻酔をしているため実際に痛みがなくても、術後麻酔が切れると局部にはどうしてもダウンタイムが発生するため、医師の説明で痛み止めの服用や、安静にしているなど正しい対処をする必要が出てきます。

そのため包茎手術で痛みがないことを強調するクリニックは、術後の痛みやトラブルの説明が十分に行えていないと判断出来ます。
安全に包茎手術を行うためにも痛みの有無や、術後の過ごし方をきちんと説明してくれるクリニックを選ぶことが後々で後悔をしないためにも重要なポイントになります。

クリニックによっては患者が感じる痛みや不安を和らげるために、複数の麻酔を組み合わせて治療を行ったり術後の痛み止めの処方まできちんと対処するので、患者の痛みに寄り添う対応をしてくれるクリニックはどこなのか比較してみることも大切です。

まとめ

大学生になると自身のコンプレックスである包茎を、専門クリニックで包茎手術を行って改善したいと考える方が増えるといわれています。
ただデリケートな局部の手術となるため、後々で後悔することがないようにクリニック選びは慎重に行う必要があります。
後悔しない包茎手術を受けられるクリニックとしては、執刀を行う医師のプロフィールや顔写真が明確にホームページに掲載されていることや、施術時の痛みや術後のダウンタイムの説明をきちんと行ってくれるかが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です